そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

奨学金の返還猶予願 文例/サンプル(病気になり退社した場合)

 今年、大学を卒業し、就職しましたが、体調を崩し、半年で退職しました。現在は自宅で療養しながら週に1〜2回程度、親戚の喫茶店でアルバイトをしています。そのため現在の手取りは月に2〜3万程度で、体調のことからもしばらくの間はこのような就業スタイルになりそうです。そのため、収入が少なく奨学金を返還することが難しいので、今回返還の猶予願を提出させていただきました。現在は実家にお世話になっているため、月々の生活費はかかりませんが、携帯電話代などは自分のアルバイト代から出しています。
 大切な奨学金をお借りしておいて大変申し上げにくいのですが、返還の猶予をお願いいたします。
 一日でも早く健康を取り戻し、再就職し、全額返還を再開していきたいと思っております。また、仕事が軌道に乗り、収入が安定しましたら承認された期間の終了より早く返還を再開して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆ポイント◆ 病気などで収入がなく、奨学金の返還が困難な場合は医師の診断書を添付して、返還猶予願を提出します。診断書を書いてもらうほどでもないような体調不良の場合でも、働けず返還が困難な場合は正直に現状を報告し、猶予願を出すことができます。無事に承認されるよう、書類には返還の見通し、具体的な収支の記入をお忘れなく。
このエントリーをはてなブックマークに追加