そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

病気全快の祝い 文例/サンプル(会社や取引先へ)

拝復 ご療養中のところ、このたびめでたく全快、ご退院の由、心からお祝い申し上げます。
 日頃、とてもご壮健でいらしたので大変驚きましたが、このような早いご全快とは、常々のご鍛錬の賜物と感服する次第でございます。
 来月にはご復職されるとのこと、喜びに堪えません。くれぐれもご無理のございませんよう、お体ご自愛くださいませ。
 まずは、取り急ぎお祝いのご挨拶を申し上げます。
                                      敬白
○年〇月〇日

○○株式会社 営業部長 ○○(差出人の名前)
○○株式会社 人事部長 ○○様(送り先の名前)


◆ポイント◆ 祝賀状は出すタイミングが重要です。祝賀の行事などが決まったら、できるだけ早く相手の元に届くようにしたいものです。特に、上記のように、会社間で往還される祝賀状なら猶更スピードが重視されますよ。