そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

喪中はがき 文例

喪中のため年末年始のご挨拶は失礼させていただきます
祖父○○が〇月〇日に○歳で永眠いたしました
平素のご芳情を厚くお礼申し上げますとともにみなさまに良い年が訪れますようお祈りいたします
平成○○年 十一月

◆ポイント◆ 喪中の方に年賀状を出しても礼儀的には問題はありませんが、一般的には寒中見舞いを送る場合が多いようです。その際は亡くなった方へのお悔やみの気持ちを伝えるようにします。
身内が亡くなった年の暮れには年賀状の代わりに喪中欠礼(年賀欠礼)の挨拶状を出します。喪中はがきは、相手の方々が年賀状の準備をする前(11月中旬頃から12月上旬まで)に出すようにします。
はがきを出す方の中には葬儀に参列してくださった方もいらっしゃいますが、そうでない方もいますので、誰がいつ亡くなって喪に服しているのかわかるように書きましょう。
 文面は簡潔なものにします。
 ちなみに企業の場合も会長や社長が亡くなった場合は、年賀欠礼の挨拶状を出すのが一般的です。