そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

内容証明 文例(売掛金請求書 支払い督促)

            請求書
 
 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、平成○○年〇月〇日から、平成○○年〇月〇日までの間に弊社が貴社に対して、販売いたしました商品○○(商品名)などの代金計○○万円は、平成○○年〇月〇日の現在に至るまで、貴社からお支払いをいただいておりません。
 つきましては、本書面到着後7日以内に右○○万円をお支払いくださいますようお願い申し上げます。
 万一、右期間内にお支払いなき場合は、誠に遺憾ながら法的手続きをとらざるを得ないと考えておりますので、ご了承下さい。 


平成○○年○月〇日
   住所(差出人会社住所) 
   ○○株式会社
   代表取締役○○(差出人氏名) 印鑑
   住所(相手会社住所) 
   ○○株式会社
   代表取締役○○(相手氏名) 殿


◆ポイント◆得意先から売掛金を支払ってもらえないとなると会社にとっては死活問題ですよね。信用で成り立っている売掛での取引で支払遅延はご法度です。今後の取引を考えると支払督促などは出したくないかもしれませんが、やむを得ない事情の場合はまず内容証明を発送するのも一つのやりかたです。
 押印は必須ではありませんが、内容証明のような重要性のある書類の場合、一般的に押印する場合が多いようです。
 押印する印鑑は印鑑登録した「実印」でも「認印」でも百円均一などで売っている「三文判」でもかまいませんよ。郵便局によれば「シャチハタ」でも可能だそうです。ただし、内容証明は5年保管できるようにする必要があるので、5年間押印が消えないような判子を使うようにしてくださいね。