読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

借金の依頼を断りたい 文例(親からの援助の依頼を断る)

■トラブル・困りごと■ 借金(依頼状・断り方など)

前略
 お手紙拝見しました。
 急な入り用とのことでお困りのことだと思います。
 ましてや生活費ということですので、私たちとしても出来るだけ用立てたいですが、お母さんも知っての通り、我が家は育ちざかりの子供が3人おり、夫も安月給のサラリーマンですので、家計に全く余裕がないのが現状です。
 私たちもお母さんたちに迷惑をかけないように精一杯働いていこうと思っていますので、お互い頑張って自分たちのことは自分たちでやっていきましょう。また余裕が出来た際は喜んでご用立てさせていただきますので、今回はどうかお許しください。
 取り急ぎお詫びとご返事にて。
                         かしこ

 ◆ポイント◆ 親からの援助を断る文例です。親から借金を依頼されると大変断りにくいですよね。親も年を取ってきますからできることなら用立てあげたい。ですが、家計に余裕がなければ仕方ありません。丁寧に断りましょう。まず自分たちの生活を守ることが大切です。断る際はこちらの事情を具体的且つ簡潔に伝えるのがコツです。感情的にならず冷静に意思を伝えられるのは文章の利点です。
 もし、お金を貸す場合も借用書という形で書面に残しておくといいでしょう。また、最悪返済が遅れたり、返済されないかもしれないという状況を想定しておくことも大切です。せっかく善意で貸しても、返済を迫ることで悪者扱いされてしまうケースも多々あります。家族といえど、貸す前にはきちんとした判断が必要になってきますね。