そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

クーリング・オフ 文例(ケーブルテレビ CATVの契約の撤回)

    

           


             通知書
 私は平成○○年〇月〇日、貴社の営業担当○○氏の訪問を受け、
貴○○ネットに加入いたしましたが、約款第○条に記載されている期間内である本日、
貴○○ネットの加入契約を撤回させていただきますこと、
本書面にてご通知申し上げます。


 平成○○年○月〇日
   住所(差出人) 名前(差出人) 印鑑
   住所・会社名(相手のもの)   代表取締役 ○○○○(相手の氏名) 殿

◆ポイント◆ケーブルテレビの契約をクーリング・オフしたいときの文例です。ケーブルテレビの契約内容も最近ではなかなか複雑になっていて、解約時に高額な違約金が発生することもあるので注意が必要です。
 威圧的な営業マンに半ば強制的に契約させられたという方もご安心を。契約締結日から8日以内であれば書面にてクーリング・オフが可能です。
 クーリング・オフの場合、日付がとても重要となってきますので、内容証明で送るようにしましょう。後々証拠になります。
 なお、申し込みをやめるときは「申し込みの撤回」、契約を結んだ場合は「契約の撤回」という表現を用います。
 押印は必須ではありませんが、内容証明のように重要性のある書類の場合、一般的に押印する場合が多いようです。
 押印する印鑑は印鑑登録した「実印」でも「認印」でも百円均一などで売っている「三文判」でもかまいませんよ。郵便局によれば「シャチハタ」でも可能だそうです。ただし、内容証明は5年保管できるようにする必要があるので、5年間押印が消えないような判子を使うようにしてくださいね。