読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

婚約のお祝い状 文例/サンプル(取引先社長令息の婚約を祝う)

■冠婚葬祭・年中行事■ ■ビジネス関連■ 結婚(お礼状・報告・招待状など)

 

拝啓 春暖の候、貴社社長ご令息○○様には、このたびご婚約が相整い、今秋にはめでたくご結婚とのこと、誠におめでとうございます。
 ご本人様はもとより皆様のお喜びもさぞかしと、心からお喜び申し上げます。
 本日、心ばかりのお祝いを別便にてお送りいたしました。お納めいただければ幸いに存じます。
 まずは書中にてお祝い申し上げます。
                                            敬具

◆ポイント◆ ジューンブライド 6月の花嫁は幸せになるという言い伝えがありますが、実は、日本では婚姻件数が一番多いのは、11月です。確かに日本では6月は梅雨の季節でお世辞にも結婚式に向いている季節とは言えません。
 これは元々イギリスの言い伝えで、イギリスでは6月が大変過ごしやすい季節なのでそういうふうにいわれるようになったそうです。
 11月に結婚する人が多い理由は、季節がら寒すぎず、暑くもないというのもありますが、一番の要因は、なんと「いい夫婦の日」である11月22日に結婚するカップルが急増しているという理由だそうです。現代でも語呂合わせや、縁起を担ぐということが、意外と支持されているんですね。
 お祝いの文面には時候のあいさつを長々と書く必要はありません。できるだけ単刀直入にお祝いのことばに入った方が、お祝いの気持ちが伝わります。

このエントリーをはてなブックマークに追加