そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

バザー協力のお願い 

f:id:otegamibenrityou:20170927225427j:plain

 

文例1              

                              平成〇年〇月〇日

鶴見町内会のみなさまへ

                            鶴見町内会  婦人部

                            会長  森本 瞳

           歳末助け合いバザーへのご協力の案内

 菊花の薫り高い季節となりました。みなさまには益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は町内会ならびに町内婦人会の活動にご理解とご協力をいただき、まことにありがとうございます。

 さて、毎年恒例になっております婦人会主催の「歳末助け合いバザー」を今年も開催する運びとなりました。

 つきましてはご家庭に不要なお品がございましたら、ご提供いただけますようお願い申し上げます。

 バザーの売上金は全額、東部地震の被災地に寄付させていただきます。

 何かと忙しい時期ではございますが、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

バザー提供品受付日時    11月30日(日曜日)午前10時から午後3時まで

        会場    鶴見町公民館

【取扱い品目】未使用の日用雑貨(洗剤・タオル・食器など)

       未開封の食料品(調味料・缶詰など)生鮮食品をのぞく

       衣類

       電化製品

       ハンドメイド雑貨

 

バザー成功のカギは事前の準備力?

 地域の小さな行事とあなどるなかれ。せっかくバザーを開催するならやっぱり成功させたいものです。

 地域の活性化、被災地への寄付、集会所の修繕費など、売上金の使用目的が決まっているなら、ぜひ、売り上げ目標もはじめにしっかりと決めてそれに向かって計画的に準備をすすめましょう。

 眠っているお宝を見逃さない!不用品の集め方

 せっかくのたのしいバザーも売る物がないとはじまりません。効率よく、良品を集めるためには、バザー出品品の受付場所と受付日時をたくさんの人に周知してもらう必要があります。

 出品品の受付場所は、公民館や、児童館などできるだけみんなが集まりやすい場所に設定すること。そして可能な限り受付時間を長くすることが、重要です。

 また、ご高齢の方などで不用品はあるけれど自分一人では持っていかれないという方がいらしたら、軽トラックなどで引き取りに行くのもひとつの手段です。

 不用品の処分はご高齢になればとても大変なもの。それを無料で引き取ってもらえるならば喜ばれること間違いないでしょう。また、まだ使えるようなものでしたら、格安で購入できた方にも喜ばれ、バザーの収益も上がり、一石三鳥というところでしょうか。

 バザーは地域の関係を深める大チャンス!

 ご近所の付き合いが希薄になっている昨今で、このような形で地域につながりが出来るのは大変有益なことだと思います。

「引き取りに行きますので、よかったら声をかけて下さいね」と、ご近所の方たちに伝えておいてもらったり、回覧板に記載しておくと、「そういえば、あんなのがあったかな?」と出品してくださる方も増えるかもしれませんね。