読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま使える!文例集 ~お祝い状・お礼状・内容証明~

こんにちは!当ブログにお越し下さりありがとうございます。奨学金の返還猶予願や、ご近所への苦情、履歴書の志望動機、内容証明など、くらしの「困った」に、そのまま使える文例がいっぱい!ぜひブックマークしてご活用下さい!

媒酌人(または仲人)へのお礼状 文例(死別後 再婚した場合)

■冠婚葬祭・年中行事■ お見合い(依頼文・お礼状など)

拝啓、梅雨の候、ますますご壮健にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。
さて、このたびの私の結婚に際しましては、何から何までお世話していただき、○○様(仲人の名前)には何とお礼を申し上げてよいのか、感謝の言葉もございません。
 先夫の没後はすべてに希望が持てず、一生独身で行こうと頑なだった私の心に寄り添い、何人もの方をご紹介して下さるなどのご親切、身にしみてうれしく存じております。
 今の幸せがありますのもすべて○○さまのご尽力の賜物でございます。
 至らぬ私でございますが、今後ともなにかとご相談にのっていただくこともございましょうが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 まずは近況ご報告かたがた御礼申し上げます。      

                 敬具

 平成○○年○月○日
                    ○○ ○ (夫の氏名)                      ○○ (妻の名前)

◆ポイント◆ 再婚する際に媒酌人や仲人にお世話になった場合のお礼状です。再婚するに至った経緯はみなさんさまざまでしょうが、初婚の時よりもなにかと面倒が多くなるかもしれません。
そういう場面でご尽力いただいた方には礼儀を尽くしたいものです。
 結婚式から新婚旅行とばたばたすることが多いときですが、結婚式が済んだら、媒酌人には、できるだけ早めにお礼の手紙を出すようにしたいものです。
 新婚旅行のお土産を持って直接ご挨拶に伺う場合もお礼状は出すようにしましょう。